美顔になる

美顔になる

お肌は基本無刺激でお手入れします。洗顔の時には、洗顔料や石鹸を十分泡立てる。泡はきめが細かいとよい。つまり、顔に泡をつけると呼吸ができないような泡が良い。その泡を肌に押すようにして、こすってはいけない。

 

洗い流すお湯は肌と同じ熱さか少しぬるめが肌に良い。洗うときも十分に湯をかけるが手でこすらない。十分に洗い流して、タオルで拭くときもこすらずに水分を吸収できるように当てるだけでよい。そうすることでだんだんと肌がよみがえる。化粧水は肌に充分つけるがやはり、こすらずに肌に充てる。栄養クリームも乳液もこすらずにつける。

 

すべての方法の中で肌をこすらないことで、無刺激で洗顔していく。一日朝晩2回、きちんと汚れを落としてうるおいを充てんすることが、美顔のポイントである。すぐにはよくならないが毎日継続することが大切である。吹き出物などができるのは、肌を潤わせていないから油を補おうとして吹き出物になるので、乾燥させるのではなく、潤わせることが大切である。

美顔の肝、まつ毛美容の関するコラムもどうぞ

 



関連記事

  1. 美顔になる
  2. うなじ脱毛するなら脱毛サロン?それともクリニック?どっちがいいの?